読売新聞に広告を出すとどのぐらいの料金がかかるの?

デジタル時代になったとはいえ、新聞を購読している世帯はまだまだ多い世の中です。朝起きて朝ごはんを済ませて、それからゆっくり新聞を見るという方も多いでしょう。毎日新しいニュースが飛び込んでくるのと同時に、毎日色んな広告も目に留まります。企業はもちろんのこと、個人でも出すことができる新聞広告。

読売新聞の場合、広告を出すとどのぐらいの料金がかかるのでしょうか。

まずは基本料金が設定されています。朝刊、朝刊社会面、夕刊と三つに分けて設定しています。これは全国通し料金で、各本社単独料金はさらに地域ごとに細かく分類されています。それから小枠広告、テレビ面小枠広告なども料金がそれぞれに定められており、人事募集広告料金も単独で設定されています。

料金は広告のサイズによっても異なります。サイズが大きければ大きいほど、それだけ料金も高くなるというわけです。

読売新聞へどのように広告を依頼したらいいのか、「広告入稿ガイド」をご参考ください。また、実際に広告を出した過去の事例がいくつか紹介されていますので、それら事例を元にしてどういった形で広告を出すのか検討するといいかもしれません。

他社と比較しても販売部数が圧倒的に多い読売新聞なら、広告によって高い効果を得ることができることでしょう。

This entry was posted in サービス. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>