読売新聞やYOMIURI ONLINEへの広告出稿方法

■読売新聞の広告なら読売エージェンシー

こちらでは読売新聞の都内版広告や読売ユニークメディアといった、読売グループが運営している媒体への広告を出稿することができます。

読売新聞の都内での発行部数は90万部を超えていますので、広告を掲載することで得られるメリットは高いと言えるでしょう。ちなみに勝手なイメージで、新聞に広告を出すと凄い高額な費用がかかると思いますよね。私個人的には読売新聞ほどの大手新聞社の広告であれば、ちょっとしたサイズでも100万円程度かかるのかと思っていましたが、想像よりも安くて少し驚きました。

もちろん手軽に申込が出来るほど安価な値段ではありませんが、興味があれば問合せをしてみると良いでしょう。http://www.yomiuri-ag.co.jp/service/yomiuri/

>>新聞広告の詳細はコチラ

またYOMIURI ONLINE上での広告出稿も可能とお伝えしましたが、このサイトは月間総ページビュー数が3億PVを超えています。そのほかにも出稿可能な媒体が幾つかありますので、参考にしてみてください。

ちなみに紹介してもらいたい商品やサービスはあるけれど、初めて利用する場合には具体的にどうすれば良いのかが分からないと思います。そういった時でも丁寧かつ柔軟なサポート・対応をしてくれるそうですよ。公式HP上では、よくある質問や疑問についての回答が掲載されていますので、チェックしてみてください。

Posted in サービス | Leave a comment

読売新聞に広告を出すとどのぐらいの料金がかかるの?

デジタル時代になったとはいえ、新聞を購読している世帯はまだまだ多い世の中です。朝起きて朝ごはんを済ませて、それからゆっくり新聞を見るという方も多いでしょう。毎日新しいニュースが飛び込んでくるのと同時に、毎日色んな広告も目に留まります。企業はもちろんのこと、個人でも出すことができる新聞広告。

読売新聞の場合、広告を出すとどのぐらいの料金がかかるのでしょうか。

まずは基本料金が設定されています。朝刊、朝刊社会面、夕刊と三つに分けて設定しています。これは全国通し料金で、各本社単独料金はさらに地域ごとに細かく分類されています。それから小枠広告、テレビ面小枠広告なども料金がそれぞれに定められており、人事募集広告料金も単独で設定されています。

料金は広告のサイズによっても異なります。サイズが大きければ大きいほど、それだけ料金も高くなるというわけです。

読売新聞へどのように広告を依頼したらいいのか、「広告入稿ガイド」をご参考ください。また、実際に広告を出した過去の事例がいくつか紹介されていますので、それら事例を元にしてどういった形で広告を出すのか検討するといいかもしれません。

他社と比較しても販売部数が圧倒的に多い読売新聞なら、広告によって高い効果を得ることができることでしょう。

Posted in サービス | Leave a comment

複合機リースの相談はコピー機ねっと!

複合機リースなら『コピー機ねっと!』どこのオフィスでも複合機は必要不可欠な存在ですが、多くの企業の悩みとして挙げているのが維持費の高さです。
複合機リースは複合機単体を購入しようとしても、100万以上のまとまった費用が支払えないという企業が利用することが多いのですが、必要不可欠なものだからこそリースの支払いはなるべく安くしたいと思いますよね。

これから複合機リースを利用しようと思っているのであれば、なるべく安い販売店を選びましょう。
特に複合機リースは5年や7年など長期に渡って支払い続けることがほとんどなので、よりシビアに選ぶようにしましょう。

おすすめなのがコピー機ねっと!です。コピー機ねっとは上場企業が運営しているサービスで30年を超える販売キャリアで、たくさんの企業の複合機の導入を支援してきました。

キャリアが長いので複合機のことは知り尽くしています。それによって各企業のニーズに対してもっともマッチする複合機を選んでくれます。一つのメーカーに特化していないマルチメディア、マルチベンダーの販売店ですので、あらゆるメーカーからベストマッチした複合機をリーズナブルな価格で提供してくれます。

サポート体制も充実しているので、興味があったらwebサイトをチェックしてみてください。
複合機リースはコピー機ねっと!を見ると良いと思います。

Posted in 未分類 | Leave a comment

こだわりの卓上カレンダーはいかがですか?

そろそろ2014年も近づいてきました。たとえば、企業の社員様のスケジュール管理、販売店におとずれたお客様に販売促進を考えてプレゼントするために、卓上カレンダーはいかがですか?

現在は、パソコンが普及しているため、スケジュール管理はパソコンでもできますが、卓上カレンダーは、仕事をしているときに必ず見ますから、うっかりミスをすることがありません。さらに、雑貨屋、パソコン教室、いろいろなお店で、来店されているお客様への感謝をこめて卓上カレンダーのプレゼントをするのは、2014年の集客と販売促進にもなります。そもそも、卓上カレンダーがいらないお客様は、そうそういないと考えられるからです。
卓上カレンダー

http://www.sc-cal.com/卓上カレンダー専門店<2014年度>オリジナル卓上カレンダーを低価格で作成■では、こだわりの卓上カレンダーが制作できます。業者に依頼して卓上カレンダーを作成されるのがはじめての方は、このサイトにある、「初めてのお客様」について、ご覧いただいて卓上カレンダー制作までのイメージを把握してください。

そのほか、卓上カレンダーのいろいろな情報が掲載されていますから、興味がある方は、ソフトコミュニケーションズ株式会社に電話かサイトからお問い合わせをしてみませんか?

Posted in 通販・ショッピング | Leave a comment